その2に写真が載ってる狛犬様。
土台石に『大正十三年(1924年)甲子年十月』と読めます。狛犬様も関東大震災直後の奉納。
s100_0999

反対側の側面にも文字が微かに見えるのだが、これでは解読不可ですわ。(´Д⊂ヽ
s100_1001

もう一方の狛犬様の土台石には『??村 石工職人名?』が彫られているようです。
s100_1002

灯篭です。
s100_1003

『大正十五年(1926年)九月』の奉納。
s100_1005


s100_1007

『奉納 長谷?? 』個人名だろうか?
s100_1006

社殿。
s100_1015

社殿手前の屋根のある部分は何かの儀式を行うスペースでしょうか?
私はこのような造りを初めて見ました。
s100_1017

左側の建物はお祭り時の神輿などが入っているのでしょうか?
s100_1013

s100_1019

s100_1021

s100_1022

s100_1023

境内には子供用の遊具がありました。お~、相方が遊具に乗ってました。(^O^)/
s100_1025

s100_1026

s100_1027

s100_1029

では、そろそろ帰路へ。
s100_1032

この八声集落の民家が集まっている辺りに同名の帝釈神社が御鎮座してます。なぜ同じ集落に同名神社が2社あるのか? 謎ですね~。まっ、謎は謎のままにしておきましょう。(#^.^#)
BlogPaint

本日の走行距離181キロ。 使用カメラ KODAK  Z990