我家の軽自動車(クリッパー)の左ポジション球が2~3日前に切れたので先ほど交換作業しました。以前、ヘッドライトが切れたので交換しようとしたが自分では出来なかったが、今回はネットで調べたので簡単に交換出来ました。ヘッドライトの時もネットで調べれば良かった。(;^_^A

昭和の頃の車は、予備知識無くても球交換は誰でも出来るぐらい簡単だったように思う。ところが平成に入ってくると球交換さえ一筋縄ではいかぬ構造が増えてきたように思う。なんて言えばいいのか、パッと見た感じで応用が利かない構造と言うのか? 要は外から見えるところにビスが無い、ボンネットも開かない構造なのでライトの裏側も見れない。知らないと、どうにも先に進まない構造なんですね。。。(;´Д`)

ネットで調べてみたらクリッパーのテールランプやバックランプ、ウインカーランプの交換は異常なほど面倒と言う事が解かった。以前、バックランプ球切れた時、やはり自分で交換出来ず店に頼んだが、ネットで調べたので次はバック・テール関係の球も切れたら自分で交換作業したいと思います。

ポジション球、今回はT10 のLEDにしました。切れてない側ももちろんLEDに交換しました。
IMG_0493