その4からの続き。

s-100_0095

拝殿の屋根に差す陽。
s-100_0096
 
100段以上の石段を上がってきたが、反対側に細い農道があり小型車なら車で辿り着けることが帰宅後調べて解かった。(;^_^A
s-100_0098

右方向が農道。
s-100_0099

農道は行き止まり。家もありません。
s-100_0100

車での帰りはこちらの方向へ。
s-100_0101

斜光が差す。
s-100_0103

s-100_0104

石段帰路組はこちらへどうぞ。
s-100_0105

足を踏み外さないように気をつけて下ります。柔道一直線の命知らず鬼練習みたくならないように。
s-100_0106

象さんみたいですね。
s-100_0107

注連縄は無いが、この木が御神木と私は思います。
s-100_0108

さあ、下界へ。
s-100_0111

もうすぐ下界。
s-100_0115

s-100_0118

s-100_0119

水の流れは見ていて飽きない。
s-100_0120

s-100_0121

神社を後にします。
s-100_0123

一の鳥居が見えてきました。ここ八幡神社には二の鳥居はありませんでした。
s-100_0125

s-100_0126

鳥居の近くで奇妙な石を発見。
s-100_0128

この石は現鳥居ではなく以前あった鳥居の土台の石ですね。先代の鳥居の奉納はいつだったのか? 興味が湧きます。
s-100_0129

この鳥居脇の木も独特の存在感があり立派です。
s-100_0131

さてと帰路につきます。

使用カメラ KODAK  Z990