その3からの続き。

石段を上がりきると左側に拝殿があります。左手には手水舎が見えてます。
s-100_0072

タオルが干してありましたので、氏子の方が週に数日は来られてるように思います。
s-100_0073

手水鉢。
s-100_0074

s-100_0075

手水鉢は『明治26年』1893年の奉納です。手前下に『亀の子束子』。
s-100_0076

拝殿。
s-100_0078

右から八幡神社と書かれている。古く見えないですが戦前に作られているのでしょうか?
s-100_0079

陽が低いです。
s-100_0081

奥に本殿。
s-100_0082

立派です。重厚さが伝わってきます。
s-100_0083

木造建築の美を感じます。
s-100_0084

s-100_0085

s-100_0086

s-100_0087

本殿にはアートの世界が広がってます。
s-100_0093

s-100_0088

s-100_0089

s-100_0090

s-100_0091

s-100_0092

その5へ続く。