その3からの続き。

正面に社殿。その手前に7段の石段があります。この写真では見えませんが狛犬様の手前に灯篭があります。
s-IMGP6574

灯りを入れる場所以外は初めて見る造形美です。なんだかワイルドで豪快な作りです。
s-IMGP6576

東日本大震災の地震で倒れなかったのだろうか? しかし、見れば見るほど凄い形に思えてきました。(笑)
s-IMGP6579

両サイドの灯篭でここまで形が違うことは非常に珍しいと思います。 なるべく自然石の形を生かしたのでしょうか? そうであれば納得です。(^^)/
s-IMGP6580

いつの時代に奉納されたのでしょうか? ご覧のような形です。文字を探しましたが文字が彫られているような平面すら見つからず状態です。奉納年号は見つけられませんでした。(◞‸◟)
s-IMGP6581

燈篭のすぐ後ろに狛犬様と社殿です。
s-IMGP6578

狛犬様がお出迎えしてくれてます。
s-IMGP6589

足の下には子供の狛犬様。
s-IMGP6590

s-IMGP6591

こちらの狛犬様の足の下には毬があります。
s-IMGP6592

狛犬様は、『昭和六年八月十九日寄進』と読めます。狛犬様をパッと見た時はもっと昔の時代と思ったのですが意外に新しかったです。

その5に続く。