このところ雪が多く走れませんでしたが、22日(土)はやっと穏やかな晴天になりました。

いつものように南へ走ります。ミカンと八朔を切らしているので何はともあれ館山にある某お店に一直線で向かいます。ここのお店は果物や野菜が安くて新鮮でとても美味いです。お花も安いです。その後は道の駅『三芳村』でオニギリタイムを済ませて本日の目的地、南房総市大井に御鎮座する熊野神社へ向かいます。

国道410号沿いに神社入口があります。この細い道を入って行き登り切った所を右折すると鳥居があります。いまの国道410号が参道のあった山を削って出来た為にこのような神社への入口になってしまったようです。本来は今ある国道410号を横切って古い国道410号に参道が繋がっていたと推測できます。
IMGP3351

こんな具合に参道があったと考えられます。(あくまで私の想像ですので適当に聞き流してください。笑)
BlogPaint

バイクで道を進みます。ここまではコンクリート舗装されてますが道は狭いです。軽自動車が限界と思われます。バイクはここに駐車してここからは歩きです。バイクの先を90°に右折して参道が続きます。
IMGP3348

バイクを駐車したところまではコンクリート舗装ですが、右をみるとその先はいきなり未舗装の急坂です。ここから見える鳥居のあたりはある程度広いスペースがあるのですが、軽自動車かバイクならオフ車、オンロードなら125CC以下じゃないと鳥居の場所までは進まない方が賢明です。
IMGP3352

ここから歩いて進みます。塗装が落ちているので鳥居も少し質素に見えますね。
IMGP3355

登り坂の参道が続いてます。石畳や石段も無く落ち葉と小石の参道です。
IMGP3356

振り返るとバイク、その後ろが国道410号。下から見るより高所感があります。
IMGP3358

バイクのすぐ後ろ下が今の410号。右側砂利山の手前が旧410号。
IMGP3359

先へ進みます。
IMGP3360

参道はずっと登り坂です。
IMGP3362

鳥居から70~80メートルこのような坂道が続きます。雨の日は登るのがちょっと大変そうな参道です。正面に石段が見えてきた。
IMGP3363

参道途中左側にある石碑。
IMGP3365

石段にだいぶ近づいたが、まだ石段が解りづらい。相当古い時代の石段であろうか?地面に近い色になってるようだ。(笑)
IMGP3366

見事な石段です。
IMGP3367

この石段が造られた年代は解りませんが、古くなった石段でよく見られるコンクリート補修などが施された形跡は一切見られません。
IMGP3369

石段が造られた当時から一度も補修がされて無いと思える重厚な雰囲気があります。左上に社殿の屋根が見えてきました。
IMGP3371

石段を上がると正面に社殿があります。ここは小高い山の山頂部になっていて自分がいま神域にいることをたっぷり感じることができます。
IMGP3372

石段を上がった右側に『水盤』があります。
IMGP3377

長年の風化や苔?などにより年号などの文字は残念ながら全く読み取れませんでした。(悲)
IMGP3378

古くは無いと思える社殿ですが傷みが激しいように見えます。灯籠と狛犬様が迎えてくれます。
IMGP3410

その2へ続く。。。