いすみ鉄道(旧国鉄木原線)で土日祭に運行されているツートンカラーのキハ52が見られるのもあと僅かになりました。2月16日(日)がツートン色で運行される最後の日です。今度は昔、都市部近郊の非電化区間で活躍した朱色一色の車両になります。キハ35のような3ドア通勤車両ならまだ許せますが、2ドア車両のキハ52に朱色1色仕様はどうにもこうにも悲しさが込み上げてきます。第三セクター方式の赤字路線なのでお金のかかる2色塗装を止めたのは解りますが、集客率は多少なりとも下がることは間違いないと思えます。いすみ鉄道会社には1色に反対する方たちの電話やメールがかなり寄せられてるそうですが、こればかりはどうにもならないですね。あ~あ、とても残念です。