『房総ぶらり神社仏閣巡り』

観光客が訪れることも無い房総の小さな集落にひっそりと佇む神社やお寺をバイク(タンデム)で巡ってます。その他、オーディオや写真(カメラ)にも少々凝ってます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

ハンドルカバー

車のハンドルカバーがボロ化していたので、500円ほどの安いハンドルカバーを買って装着しました。
sPICT0004

まっ、安売り品でしたので1年も持てば良しとします。(笑)

今宵のミュージック

最近、映画の影響でかなり再ブレイクしたようです。

てな訳で今宵は久々にこのCDを引っ張り出して聴いてます。(^O^)/
sPICT0007

日枝神社 その2(千葉県館山市川名)

その1からの続き。

振り返ると国道127号バイパスが見えます。
s100_0725

祠が6宇並んでます。
s100_0726

手水舎、狛犬様、社殿と続きます。
s100_0727

手水舎。
s100_0729

s100_0730

手水鉢のまわり4面をよ~く、よ~く見ましたが奉納年月などの文字は正面側の『奉納』の文字以外は消えて見えなかった。
s100_0731

左側の狛犬様。土台も狛犬様も大きめの作りです。
s100_0732

s100_0735

目が生きてるようです。
s100_0749

右側の狛犬様。
s100_0733

s100_0736

目は陶器かガラスで出来ているのでしょうか? 撮影した写真を見るまでは目のことは気が付きませんでした。現地で肉眼で見ると、狛犬様の顔の位置が高くて目までハッキリと確認出来ませんでしたので気にもしなかったです。
s100_0751

狛犬様の土台の石。お城の石垣みたいで時の流れを感じます。
s100_0752

s100_0753

狛犬様は大正三年七月吉日(1914年)の奉納です。
s100_0734

狛犬様と社殿。
s100_0738

後ろに本殿が見えます。
s100_0739

s100_0740

s100_0741

s100_0742

本殿の軒下にハチの巣の廃墟?(笑)がぶら下がってました。
s100_0743

拝殿にある格子窓?があります。 いまの時代には無い雰囲気が良いですね。
s100_0744

s100_0748

s100_0746

この腐食した色からすると、この鈴は銅製ですかね? 
s100_0745

s100_0754

左の小屋にはこの地区の神輿か山車が入っているのでしょうね。
s100_0767

神社前のバイパスはよく通りますので、かなり前からここに日枝神社があるのは知ってました。そのような認識ですと逆にいつでも行ける的な考えになり、なかなか寄らないで通過してしまうもんです。(笑)

s100_0769

さてと、そろそろ帰宅の路につきますが。その前に遅いオニギリタイムをしないといけませんね。
s100_0774

帰路の途中で、道の駅『富楽里とみやま』でオニギリタイム+つみれ汁(200円)でした。つみれ汁はとても美味いです。200円の価値はあります。
その後、鴨川~小湊~清澄~養老渓谷~大多喜~長南~長柄~自宅のコースで帰宅。

それにしても『ウグイスライン』はいつ復旧するのだろうか? もう通れなくなってから六カ月。いまのところの情報だとこの夏もダメそうです。この道が通れるか否か!の差はデカすぎる。。。(>_<)

本日の走行距離215キロ。 使用カメラ KODAK  Z990

日枝神社 その1(千葉県館山市川名)

2019年5月3日、今年1回目のバイク散歩に出掛けてきました。 このペースでは今年あと何回バイク散歩に行くのやら? ^_^;


朝10時に家を出発。地元ICより高速に乗り渋滞を避けるため君津ICで下道へ。『みんなみの里』で野菜を買い込み、いつものオニギリタイム場所の道の駅『三芳村』へ。しかし、GWの真っ只中。あまりの混み方に撤退しました。ここの道の駅にある有名ハンバーガー屋さんには人の凄い列が出来てました。たぶん注文してから出来上がるのに1時間待ちぐらいはしそうな感じでしたね。(笑)


オニギリタイムを別の場所にすることにして、まずはいつもの野菜売り屋さんへ。ここでも少々買い込みをしてオニギリタイムの前に近くに御鎮座する神社へ。ここ日枝神社は国道127号バイパスに面してます。私個人の想像ですが、バイパスを作るにあたって神社の参道がおそらく30~40メートル失われたと思えます。それと鳥居から手前の石段側がバイパスを作る際に山の斜面を削ったように見えます。
BlogPaint

石段(コンクリート製)は手前側も奥側も各12段となっております。
s100_0716

s100_0717

s100_0718

24段の石段を上ると灯篭、狛犬様、社殿が見えます。
s100_0719

左側の灯篭。灯を入れる部分は新しく作ったと思われます。この部分が灯篭の最初に壊れる箇所と言えるでしょうね。
s100_0720

明治四辛未年九月吉日(1871年)の奉納です。
s100_0721

右側の灯篭。こちらの灯篭も灯を入れる部分は新しく作ったと思われます。素人の目で見ても上下の石と年代の違いを感じます。
s100_0722

おや? 左側の灯篭と奉納時期がかなり違います。
文化十四丁丑年(二か五)月吉日(1817年)奉納とあります。左右の灯篭、奉納時期51年の差は何なのか?
理由を知りたいところですが。。。氏子さんで理由を知っている方、いらっしゃるのだろうか?
s100_0723

その2へ続く。

今宵のミュージック

静かな時間を過ごしたい時、BGMにこの1枚は良いですよ。(^O^)/
sDSCN9717

世間の声→『静かに過ごしたいなら音楽など鳴らさないで無音状態で部屋に籠るのが一番だろが!』。。。と言われそうですね。(笑)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

shumitei

メッセージ
ツイート
最新コメント
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ