『房総ぶらり神社仏閣巡り』

観光客が訪れることも無い房総の小さな集落にひっそりと佇む神社やお寺をバイク(タンデム)で巡ってます。その他、オーディオや写真(カメラ)にも少々凝ってます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

熊野神社 その4(千葉県市原市小田部)

手水舎の奥に左から灯篭、狛犬様、古い祠が2宇、狛犬様、灯篭、石碑、手水盤が置かれてます。
100_0816

100_0817

子安地蔵と言うのか?子供を抱いた女神像というのか? 裏側は見えないので文字が彫られているかは不明です。
100_0818

風化で文字見えず。
100_0819

灯篭には『御神燈』の文字がありますが年号は確認出来ず。右側石碑には『皇軍武運長久祈願』とあります。
100_0820

手水盤は小さな文字も見えそう。
100_0821

こちらの側面には、一番右列上より、『天』の文字が読める。天保年間の奉納か?
次の列に、『富村』? ちょっとネット調べたが江戸時代に今富村が市原郡にある。『今』の文字だけが消えた?
それと江戸時代の今富村が今ここの場所であったか?が解からん。(・・?
その左側に『氏子?』 、おそらく『氏子中』でしょう。
100_0822

左側側面と後側は草木を避けないと見れないので止めときました。
100_0823

使われなくなった古いものを、このように大事にして頂いているというのは、とても嬉しい気持ちになります。
氏子の皆さまの暖かい気持ちが伝わってくるようです。

秘技『足首捻り』その後。

左足首を捻ってから今日でまる1週間が過ぎます。が、腫れが引きませんわ。医者行かずで治るのだろうか?

21BB7EB3-C181-4327-9052-24F5D5DD4976

背もたれ

2~3ヵ月前に背もたれクッションを買っておいた。もう1台のバイクK100RSでも使っている背もたれクッションです。

今までR100RSの背もたれクッションは小さめの物でした。
sIMG_0531

今日は天気も良くないし他にやることも無かったので、買っておいたクッションを取り付けることにした。
sIMG_0536

まっ、こんな感じで良いでしょう。
sIMG_0539

取り外した小さめのクッションは部屋で使うか?と考えていたが。。。
sIMG_0541

急に考えが変わり、こに付けることにした。
sIMG_0543

小さめの上のクッションは、この位置だと背中が当たることは無いだろうから不要なんですが、自分はこの方が纏まりが良く見えたので付けることにしましたわ。(^。^)y-.。o○
sIMG_0547

タンデムツーリングにトップケースと背もたれは必需品ですね。と自分は思っています。

熊野神社 その3(千葉県市原市小田部)

石段を登りきると灯篭、狛犬様 、社殿です。
100_0802

綺麗で新し灯篭。
100_0803

100_0804

灯篭は平成十四年(2002年)十月吉日の奉納です。
100_0805

狛犬様も新しいです。夕陽になりつつある時間帯です。眩しいです。という事はここから見える朝陽はかなり期待出来ると容易に想像出来ます。
100_0806

100_0808

灯篭と同じく狛犬様も平成十四年十月吉日の奉納です。
100_0809

手水盤。
100_0814

しまった! 後方にある祠や古い灯篭、手水盤に気が取られて、こちらの新しい手水盤の奉納年号を見るのと写真撮るのをスッカリ忘れてしまった。(◞‸◟)
おそらく狛犬様や灯篭と同じと思われます。おそらく社殿も同じ時期に建て直しをしたと思えます。
100_0815

続く。

秘技『足首捻り』

一昨日11日(金)、仕事が終わり帰る時に高さ30~40センチの所から地面に左足を先に下した。
暗くてよく見えなかったこともありますが、足を下したところが水平じゃなかった。(;^_^A

左足から普通に足を地面に着地させた! が、その瞬間、秘技が炸裂した。
着地した瞬間に左足が内側に足首からグワっと曲がってしまった。
私は雨の降る中、その場で座り込んでしまい2~3分ぐらい立ち上がれなかった。
周りにあるものを掴みながらようやく立ち上がったが、マイカーに辿り着くまで左足を引きずるように歩いていた。
『ものに掴まりながらなんとか立ち上がれた。引きずるようでも歩けた。だから骨は大丈夫。』と、自分なりに結論をだしてマニュアルシフトのマイカーを運転してなんとか帰宅した。その頃には左足だいぶ腫れてきた。

翌日の土曜。右足から立ち上がらないと立てない。真っすぐに立っているなら痛くないが、横や斜め方向の力が加わると痛さで思わず声が出てしまう。内出血も目立ってきた。

そして本日の日曜の左足。
左足左側側面。腫れと内出血が。。。蛍光灯下で撮影。
sDSCN9728

こちらはストロボ使用で撮影。お~、踝が無い!
sDSCN9727

蛍光灯下で撮影。足首後ろアキレス腱側。腫れて踝が無くなってる。
sDSCN9729

ストロボ使用で撮影。
sDSCN9726

左足右側側面。蛍光灯下で撮影。
sDSCN9730 

ストロボ使用で撮影。踝は何処へ? 踝の下あたりの内出血が特に酷い。
sDSCN9725

明日は祭日、病院は休み。 自己判断で骨は大丈夫。明後日は仕事。だからもう医者行きません。
後は時間が経てば治るでしょう。自然治癒ですね。(笑)

そう言えば7年前も左足を自宅階段で痛めたことがあった。この時も自然治癒でした。

http://bousou-no-sora-no-shitade.blog.jp/archives/4036807.html
http://bousou-no-sora-no-shitade.blog.jp/archives/4038669.html

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

shumitei

メッセージ
ツイート
最新コメント
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
livedoor 天気
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ